公認心理師大学院受験フェスタ

公認心理師とは?

去る2015年9月9日、心理職の国家資格化のための法案である公認心理師法案が「公認心理師法」として成立し、
2015年9月16日に公布され、官報に掲載がなされました。

公布の日から2年以内に施行することとなっているため、2017年9月15日までに施行がなされる見込みです。
現在の予測では、2017年4月あたりに施行され、2018年のはじめ(2017年度末)に第1回の公認心理師資格試験が行われるのではないか、と考えられています。

これから、以下のような心理職に分類されるようになると考えられています。
1.公認心理師資格のみを持つ人
2.臨床心理士資格のみを持つ人
3.公認心理師資格と臨床心理士資格の両方を持つ人
4.いずれも持たない人

臨床心理士の中には、公認心理師を取らずに臨床心理士のみで働いていこうとする方も出てくるかと思います。
その場合、気をつけなければいけない方は、特に医療機関で働いている人、公的機関で働いている人、医療機関や公的機関で働きたい人と考えられます。

これまで「保健診療の手引き」には「臨床心理技術者」としてしか表記されていなかった心理職の立場は、
その他の医師、看護師、臨床検査技師、作業療法士などと並んで「公認心理師」として表記されることになると考えられます。
公認心理師は名称独占資格となります。「公認心理師でないものは、公認心理師という名称を使用してはならない」
「公認心理師でない者は、その名称中に心理師という文字を用いてはならない」と、
公認心理師でない者が紛らわしい名称を用いてはならないという規定が定められています。

公認心理師成立の経緯

準備中です

公認心理師国家資格について

準備中です

公認心理師の概要

準備中です

公認心理師法全文

準備中です